背中の脂肪を取り除く5つの方法

中年期になると(その前からの人もいますが)特に、背中に脂肪がつきやすくなります。 女性の場合は、脂肪のついたその背中をさらに、ブラで締め付けることになるので、背中の脂肪をさらに盛り上げることになってしまうこともあります。 この忌々しい背中の脂肪を取り除くにはどうしたら良いのでしょうか? 本当は、体の一部分だけを集中的に痩せさせるというのは、難しい(というか医学的には、できない)とされていますが、ここでは、背中の脂肪を集中的に取り除くために有効な方法を5つ紹介します。

有酸素運動

もし、あなたが真剣に背中の脂肪を取り除きたいと考えているのなら、有酸素運動を取り入れることを検討してみてはどうでしょうか? アメリカ農務省は、60分の有酸素運動を1週間に5回行うことを推奨しています。 激しい(息が上がるような)有酸素運動よりも、インターバルトレーニングの方が、脂肪の再燃焼効果が期待できます。 エクササイズを行った後の体は、通常時よりもカロリーを消費しやすい状態になっています。 ということは、夜寝ているだけでも、運動をしなかった日よりも、運動をした日の方がカロリーが消費されているということになります。

背中に意識を向ける

日常生活の中で、背中の筋肉に意識を集中することも背中の脂肪を取り除くためには、有効です。 肩や背中には複雑な形で、筋肉が入り組んでいて、たくさんの筋群から構成されているので、これらの筋肉に意識を向けることで、スッキリした背中になっていきます。 また、暇を見つけては、簡単な背中のエクササイズをするのもよいでしょう。

スーパーマンのポーズ

スーパーマンのポーズブリッジのポーズ

ブリッジのポーズヨガ

上記の背中のエクササイズと、少しカブるところもあありますが、ヨガも有酸素運動に劣らない有効な運動です。 背中の筋肉群がストレッチされるポーズを意識的に取り入れるとよいでしょう。

賢く食べる

どんな食事を摂るかも背中の脂肪を取り除くことのポイントです。 なるべくなら、脂肪の燃焼を促す働きがある食品を取るように心がけましょう。

背中を露出する

決して、背中を見せびらかせというつもりはありませんが、背中の盛り上がりが気になるほど、隠そうという気持ちが強くなるものです。 しかし、ここはあえて、出来る範囲で構わないので、ひと目にさらしてしまうという手段を紹介しておきます。 モデルや芸能人が人に見られることで、意識が変わるという話もありますが、私たち一般人でも同じことです。 誰にも気にされないと思ってしまえば、どんどんと脂肪がたまってゆく可能性は高くなりますが、多少でも人に見られて恥ずかしい、何とかしたいという意識が働けば、先に紹介した有酸素運動やヨガなどのエクササイズにも身が入るというものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です