【検証】ギリシャヨーグルトはダイエットに効果があるのか?

ギリシャヨーグルトって、聞いたことがありますか? 聞くところによると、今アメリカでは大人気のヨーグルトだそうで、2007年には1%しかシェアがなかったのが、昨年は44%にまでシェアを広げているそうです。 では、そのギリシャヨーグルトって一体どんなものなのか気になりますよね。 名前の通りギリシャでは、ポピュラーなヨーグルトなのですが、製法が普通のヨーグルトはちょっと違うみたいです。 普通のヨーグルトは、乳を温めて発酵させて作るのですが、ギリシャヨーグルトはもう一手間を加えます。発酵してできあがったヨーグルトをガーゼや布などで、濾過して、余分な水分や乳清(ホエー)を取り除く作業を行うことで、通常のヨーグルトの約2倍のタンパク質のヨーグルトになるわけです。 水分が除かれている分、食感もクリーミーで、コクのあるヨーグルトになります。 で、このギリシャヨーグルトですが、まだ、日本にはないんだろうなと思いつつ検索してみたら、なんと、普通に売っていました。 森永乳業さんで、濃密ギリシャヨーグルト PARTHENO(パルテノ)という商品名で、コンビニとかで売っているらしいです。 ギリシャヨーグルト なので、普通に食べている人は結構いるのではないかと思われますが、では、このギリシャヨーグルトは、ダイエットに効果はあるのか気になるところです。 本来なら、実際に食べてみて、どのくらい体重が減ったかとか、体脂肪率が減ったか、データを取るべきでしょうが、時間もないので、横着します。 森永乳業さんのWebサイトには、製品の成分表を載せてくれているので、これを参考に検証してみたいと思います。 比べるのは、ギリシャヨーグルト「パルテノ」のプレーンタイプとビヒダスプレーンヨーグルトで、どちらも、同じ100gあたりの成分に換算しています。
商品名 濃密ギリシャヨーグルト パルテノ プレーン ビヒダスBB536 プレーンヨーグルト
エネルギー 100kcal 65kcal
タンパク質 9.9g 3.7g
脂質 4.8g 3.1g
炭水化物 4.2g 5.5g
ナトリウム 33mg 50mg
カルシウム 100mg 120mg
結果はこんな感じで、タンパク質の含有量が突出しています。 私は、カルシウムの含有量がもっと多いのかと思いましたが、以外にもビヒダスのほうが多かったです。(カルシウムを添加しているためか、よくわかりません。) ということで、これをみる限りは、同じ量のヨーグルトを食べるなら、良質なタンパク質が普通のヨーグルトの3倍近く摂れそうだということは、はっきりしたようです。 まぁ、その分脂質も若干ですが、多く摂れてしまうのが玉に瑕です。 ジムに通っていたり、筋トレをしている方には、普通のヨーグルトの代わりにギリシャヨーグルトに変えることで、効率よくタンパク質が摂取できそうです。 逆に何も運動をしない人が、普通のヨーグルトからギリシャヨーグルトに替えても、あまり変わりないのでは、と思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です