リンパマッサージは水太りのあなたにおすすめの即効ダイエット法

リンパマッサージってよく耳にしますけど、そもそも「リンパ」って何なのかよくわからいという人も多いと思います。 リンパ腺が腫れたとか、がん治療の後にリンパ浮腫に悩んでいるなんて話を聞くと、どうも病気に関係することで、それとダイエットと、どう関係があるのと思っちゃいますね。 わたしたちがよく聞く、リンパっていうのはたいてい「リンパ液」のことを言っています。 リンパ液というは、体中に張り巡らされた「リンパ管」という血管をウンと細くしたような管(クダ)のようなものがあって、その中を通っている体液です。 血管のよう、といってもその動きはとても遅くて、血液が体の中を巡るのに1分くらいなのに対して、リンパ液は1日から2日もかかります。

リンパの働き

で、そのリンパって何をしているのか気になりますよね? 血液として運ばれた酸素や栄養が、体中の組織や細胞へ届けられると、今度は、不要になった老廃物や水分などを放出します。 この老廃物がリンパ管に流れ込み、体に点在している「リンパ節」へゆっくりと運ばれます。 リンパ節では、運ばれてきた老廃物や毒素を濾過して、汗や尿となって体外へ排出されます。 リンパ管とリンパ節というわけで、リンパというのは、わたしたちの体が健康な状態を保つためには、なくてはならない大事なものなんですね。 で、このリンパの働きが悪くなれば、むくみの原因にもなりますし、肥満やセルライトの原因にもなるようです。

女性の100%は、水太りという説も・・・

よく「固太り」と「水太り」という言葉を聞きますね。 ざっくりというと、固太りはどちらかと言うと筋肉質だけど、便秘がちでお腹が出ているタイプで、対する水太りは、むくみやすくて下半身が太るタイプとされています。 こちらの記事(ダイエット成功のカギは、脂肪燃焼よりも水太り解消から!)によると、現代女性のほぼ100%が水太りタイプだと言われています。 記事の中では、水太りの女性が気をつけるべき点として、水分のとりすぎに注意して、体を温めるようにすることを推奨しています。 個人的には、これに「リンパマッサージ」を付け加えると、より効果的なんじゃないかと思います。

リンパマッサージの効果

先に書いたように、リンパ液は体の余分な水分や老廃物を処理してくれるのですが、その動きは非常に遅いです。 現代人は、デスクワークや立ち仕事などで、体全体を使った動きを日常的にやることは少なくなりました。 これではただでさえ、動きが遅いリンパ液は、ますます緩慢になるでしょうね。マッサージ リンパ液が滞ってしまうのなら、外から刺激を与えて、流れを良くしてしまえばいいんじゃないかという発想で生まれたのが、「リンパマッサージ」です。 もともとは、「リンパドレナージ」といって、医療行為なのですが、日本ではあまりやっている病院はないようで、エステやマッサージの業界で多く使われています。 では、医者やっていないリンパマッサージは気休めなのかというと、そうではないと、わたしは思います。 わたしの場合も、下半身がむくんで太くなってしまうタイプなのですが、以前にリンパマッサージをしてもらったことがあります。 こんな言い方すると、失礼なんですが、正直なところ素人に毛が生えたレベルと思われる、整体院が副業でやっているような感じのところでリンパマッサージをしてもらいました。 ものすごく格安だったので、ものは試しというやつで、やってもらったんですが、その場で脚のむくみとだるさがとれて、ほっそりしたのがはっきりとわかりました。 その時は、下半身だけやってもらったのですが、それでも、確か1kgは減ってました。

リンパマッサージは自宅で自分でもできる

エステティシャンのような硬度な技術は、とてもマネできないと思ってしまいがちですが、エステティシャンのようなテクニックがなくても、要はリンパ液の流れを良くなればいいので、多少効率が悪くてもリンパマッサージは、自分でもできるのです。 やり方は、詳しいサイトがたくさんあるので、そちらで参照いただきたいと思いますが、実際の動きが見られるという点では、「YouTube」で、検索するのがおすすめです。 たとえば、こんな動画とか・・・ けっこう丁寧に説明してくれている動画も多いので、探してみてください。 一つ注意しておいて欲しいのは、リンパマッサージをすると発汗したり、滞っていた水分が体外へ排出されるので、必ず水分を補うようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です