来年話題になりそうなピタヤってどんなもの?

アサイーボウルは、もうすっかりメジャーになって、今ではコンビニとかでも、アサイーの入ったドリンクなどが、たくさん並んでいますね。 で、来年の2015年にアサイーの後に、ブームが来そうなのが「ピタヤ」ということらしいです。 ピタヤといってもピンと来ないと思いますが「ドラゴンフルーツ」と言ったら知っている人も多いんじゃないでしょうか。 ピタヤ(ドラゴンフルーツ) 写真のように実の部分が、龍みたいな感じなので、ドラゴンフルーツということらしいですが、原産国ではピタヤと呼ばれています。 じつは、わたくし南房総の方でこれを栽培している人がいて、食べさせてもらったことがありますが、けっこう甘かったと記憶しています。 でも、ネットで見ると味がないという意見が多く、わたしの味覚に異常があるのかと思ってしまいました。 このピタヤは、サボテン科の植物なので、中南米や東南アジアから輸入されるものがほとんどらしく、輸入物は早めに収穫されるため、あまり熟していない場合があるそうです。 ちょっと高いかもしれないけど、生で食べるなら、国産のピタヤを食べたほうが美味しいかもしれないですね。 上の写真では、身が白いですが、ピタヤにはいくつか種類があって、身が赤いものやピンク色のもの、外側の皮が黄色いものもあります。

ピタヤの栄養素と効能

ピタヤに含まれる栄養素の中で、飛び抜けて多いのがカリウムで、100gあたりに350mg(文科省 五訂増補日本食品標準成分表)もあります。 というと、すごく多い感じしますよね。 でもこれは、レタスとだいたい同じくらいの量なので、飛び抜けてすごいわけでもなさそうですが、その他にマグネシウムや葉酸もたくさんあります。 なので、血圧が高めの人や妊婦の方や貧血気味の人にはおすすめです。 ハワイとかでは、アサイーみたいに「ピタヤボウル」の人気があるそうですが、日本ではまだ見かけませんね。 ちなみに日本で売られているドラゴンフルーツは、1個500円から1000円くらいなので、栄養面だけで比較してしまうと、レタスを買ったほうがいいかなっと思ってしまいます。 さて、アサイーに続くブームがやってくるという「ピタヤ」ですが、今度どれくらい人気がでてくるのか、楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です